【くら寿司】くら寿司

2019年9月14日

くら寿司外観

最近は外食産業自体が苦しいと言われていますが、そんな中にあって売り上げを伸ばしている業界があります。

 

それが「回転寿司」業界です。

 

どうして外食産業の中で回転寿司だけが伸びているのか?を紹介しつつ、その回転寿司チェーンの中で業界2位の「くら寿司」を今回は紹介します。

スポンサーリンク

 

回転寿司業界が伸びてるわけ

マクドナルドなどのファストフードや、ガストなどのファミレスをはじめとする外食産業ですが、実は1997年をピークに売り上げが減少しています。

 

減少している理由は、

  • 中食(デパ地下の惣菜などの調理済み食品のこと)の成長
  • 人口減少による市場規模の縮小

などがあります。

 

人口自体が大きく減らなくても、若者、特に単身者などの独身者が減れば外食の機会は減りそうですよね。

 

そんな中で、なぜ回転寿司は成長できているのでしょうか?

 

それは、「原価率を高くして良いものをお客さんに提供しているから」と言われています。

 

どのぐらい原価率をあげているのかと言うと、一般的な外食産業の原価率は30%と言われているのに対し、回転寿司チェーンは

  • スシローで51〜52%
  • くら寿司で50%近く

だそうです。

 

私も以前テレビ番組で、ある回転寿司チェーンの担当者が、

  • マグロが一番原価率が高くて約50%

と話していたのを覚えています。

 

つまり、

  • 良いものをお客さんに出しているから売り上げが伸びている

と言うことです。

 

参照:プレジデントオンライン「なぜ外食不況のなかで「回転寿司」だけが急増するのか

 

くら寿司の業界内の順位

回転寿司チェーン売上ランキング2019年版

  • 1位:スシロー
  • 2位:くら寿司
  • 3位:はま寿司
  • 4位:かっぱ寿司
  • 5位:元気寿司
  • 6位:すしざんまい
  • 7位:すし銚子丸

引用:3秒だけ本気出すブログ

となっています。

 

くら寿司は、業界2位です。

スポンサーリンク

 

くら寿司の雰囲気

くら寿司の外観は、蔵っぽくなっています。

それがこちら。

くら寿司外観

 

テーブルはこんな感じ。

くら寿司テーブル

 

テーブル上にはこんな調味料があります。

くら寿司テーブル調味料

  • 七味
  • ゆずポン酢

です。

 

醤油やわさびやスプーンもテーブルに用意されています。

くら寿司テーブル

 

お寿司が運ばれてくるレーンはこんな感じになっています。

くら寿司レーン

2011年12月1日から寿司ネタの鮮度を守るための「鮮度くん」と言うお皿の上のカバーを全店舗に導入しています。

参照:Wikipedia(くら寿司)

 

くら寿司の商品

業界2位のくら寿司はどんな商品があるのでしょうか?

メニュー表

まずはメニュー表(2019年8月23日時点のもの)から。

くら寿司メニュー1

くら寿司メニュー2

寿司ネタのみならず、サイドメニューやデザートも充実しています。

 

寿司屋なのにラーメンとか牛丼とかサイドメニューばっかり出して迷走している

 

と主張される方がいますが、提供する側の意図は全然違うところにあります。

 

実際は、食事をするグループの中に一人でも寿司などのナマモノがダメって人がいると「寿司を食べる」と言う選択肢がなくなってしまうので、グループの中にナマモノが苦手な人がいても寿司屋に来てもらえるように、と言う意図があります。

 

そのグループ全員が来店してくれるかどうか、が変わるので売り上げも大きく変わってきますよね。

 

マグロ

くら寿司のみならず回転寿司チェーンの看板商品といえばマグロです。

 

マグロについてはどこのチェーンも赤字覚悟で頑張っています。

くら寿司アイキャッチ

 

シャリコーラ

くら寿司のヒット商品として、「シャリコーラ」と言う麹(こうじ)を使った炭酸飲料があるのですが、それについては別ページで紹介しています。

それがこちら。

【くら寿司】シャリコーラを飲んでみた

 

スパらッティ

単なるラーメンなどのサイドメニューではなく、パスタとラーメンを融合した「スパらッティ」と言う面白い商品もあります。

 

それも別ページで紹介しているのでこちらを参照願います。

【くら寿司】カルボナーラ スパらッティを食べてみた

 

KURA BURGER(くらバーガー)

「寿司屋がハンバーガーを出した」として話題になった商品です。

 

こちらも別ページで紹介していてそれがこちら。

【くら寿司】KURA BURGER(くらバーガー)を食べてみた

 

紹介したい商品は色々あるのですが、長くなってしまうので別ページで紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

以上です。

ここまで読んでくださりありがとうございました。