【サンマルクカフェ】塩はちみつチョコクロ、バナナチョコクロ

サンマルクバナナと塩はちみつチョコクロ

2019年10月はじめに吉祥寺のサンマルクカフェをのぞいてみると、期間限定商品を2品見つけました。

 

「塩はちみつチョコクロ」と「バナナチョコクロ」です。

 

今回は、その2品を紹介していきます。

 

今回紹介する商品リスト

今回は、

  • 塩はちみつチョコクロ
  • バナナチョコクロ

の2品を紹介していきます。

 

サンマルクカフェについては別ページで紹介していますので、気になる方はそちらを参照願います。

それがこちら。

サンマルクカフェ 吉祥寺元町通店

 

また、看板商品のチョコクロワッサンはこちらで紹介しています。

サンマルクカフェの看板メニュー・チョコクロワッサン

 

塩はちみつチョコクロ

塩はちみつチョコクロ

  • はちみつ風味のやさしい甘さとまろやかな塩味がマッチした期間限定チョコクロ
  • 塩はアンデスの紅塩
  • 価格 180円(税抜)
  • 重さ 56g

 

サンマルクカフェ公式Twitterにこんなツイートを発見しました。

 

塩とはちみつの組合せ。

 

どんな感じになるのでしょうか。

 

テイクアウトで購入し、自宅で食べてみました。

 

それがこちら。

塩はちみつチョコクロ

 

包み紙から取り出すと、意外と丸っこい形をしています。

塩はちみつチョコクロ

 

断面はこちら。

塩はちみつチョコクロ断面

 

食べた感想は、

  • はちみつの優しい甘さを感じる
  • カスタードクリームに塩気をいれた感じ
  • 強い主張がないので誰にでも食べやすい味

 

評価

  • 美味しさ:★★★★☆(4.2)
  • コスパ :★★★★★(4.5)

 

チョコクロは中身の主張が強い商品が多いのですが、この商品は主張が弱めなのでチョコが嫌いな人も食べられます。

※というか、チョコが入ってないですね。

 

これはこれで美味しかったです。

 

バナナチョコクロ

バナナチョコクロ

  • ビターチョコレートとバナナが絶妙のコンビネーション
  • チョコとバナナのハーモニーをお楽しみ下さい
  • バナナチョコクロは初代季節チョコクロ(季節限定商品という意味)
  • 価格 190円(税抜)
  • カロリー 269kcal
  • 重さ 67g

カロリーはサンマルクカフェ公式HPから引用

 

重さが「塩はちみつチョコクロ」の56gに比べると11g重いです。

 

これは中身のバナナが重いからでしょう。

 

サンマルクカフェ公式Twitterにこんなツイートを発見しました。

 

購入したものがこちら。

バナナチョコクロ

 

どのチョコクロもそうなのですが、先っぽから中身が見えるようになってますね。

 

以前テレビ番組で話してましたが、コンビニのおにぎりについて、具材を先っぽから見えるようにしただけで売上げが伸びたそうです。

 

こうやって、中身を見せるのは効果的ということですね。

 

包み紙から出すと、バナナチョコクロも当然丸っこいです。

バナナチョコクロ

 

そして気になる断面がこちら。

バナナチョコクロ断面

本物のバナナ?というぐらいバナナが再現されています。

 

食べた感想は、

  • バナナよりチョコの匂いの方が強い
  • バナナをそのまま食べている感じ
  • チョコとバナナはゴールデンコンビなので相性バッチリ
  • さすが初代季節限定チョコクロ

 

評価

  • 美味しさ:★★★★★(4.8)
  • コスパ :★★★★★(5.0)

 

これは、文句なしの美味しさです。

 

看板メニューのチョコクロを超えているかもしれません。

 

もし見かけたら是非食べてもらいたい商品です。

 

まとめ

今回の2商品は非常にレベルが高く、どちらもオススメです。

 

また食べ方のオススメなのですが、自宅で食べる直前にトースターで軽く温めました。

 

すると、

  • クロワッサンの生地がパリパリサクサクでバターの風味たっぷり
  • トロトロの中身がしっかりと味を主張してくれる

のでとても美味しかったです。

 

テイクアウトで食べる際は、トースターで温めると格段に美味しくなるのでオススメです。

 

また、店内で食べる際もレジで温めをお願いすれば店員さんが温めてくれます

 

テイクアウト、イートインいずれにしても「焼きたてをイートインで食べる」以外の場合は、温めてから食べるのをオススメします。

 

以上です。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。