【カルディ】もへじ 和とりゅふ

2019年8月26日

近所のカルディファームでお買い物をしていた時のことです。

 

レジの脇に、こんな商品が置いてありました。

 

カルディもへじ和とりゅふ

「和とりゅふ」が半額・・・・

 

もへじ?

 

和とりゅふ??

 

よくわかりませんが、なにやらオシャレなものが半額でお買い得なんだな、というのはわかりました。

 

「半額」という言葉に弱い私は、どんな商品かもよくわからないまま、お会計時にこの商品を追加したのでした。。。

スポンサーリンク

 

まず、「もへじ」って何?

「和とりゅふ」も気になりますが、まずは「もへじ」から。。。

 

この会社は、「株式会社 もへじ」といい、カルディファームを運営する「株式会社キャメル珈琲」の関係会社でした。

 

カルディファームについては、私の別ページにて特集していますのでそちらを参照ねがいます。

それがこちら。

カルディコーヒーファーム

 

カルディファームHPの沿革に、以下のように書いてありました。

 

2006年 株式会社 もへじ設立

食に対する意識がますます高まるお客様のニーズに対応するため、日本国内の食品を取り扱う「もへじ」を設立。
「伝統のおいしさ、製法」と「お手頃な価格」にこだわって選りすぐった国内産商品の提供を開始。

 

というわけで、カルディファームで取り扱う国内産商品の「食品の卸売業務、オリジナル商品の開発」などを行っている会社でした。

 

要は、カルディファームを信頼してる人なら、

「もへじ」も信頼できる会社、

 

ということですね。

 

次に「和とりゅふ」って何?

「もへじ」はわかりましたが、次に「和とりゅふ」って何なのでしょうか?

 

トリュフとは、

1 西洋松露(せいようしょうろ)のこと。特に料理の材料とするものをいう。塊状のキノコで、独特の芳香があり、卵・鶏料理などに用いる。
2 形を1に似せて作った菓子。一口大に丸めたガナッシュにチョコレートをかけて固めたもの。

 

※引用 コトバンク(トリュフ)

だそうです。

 

「和とりゅふ」は、2の「トリュフに似せて作ったお菓子」の和バージョンってことですね。

 

たしかにチョコレートで外側がコーティングされていますね。

 

中身であるガナッシュというのは、

■ 溶かしたチョコレートにたっぷりの生クリームを加えたり、または温かい生クリームにチョコレートを溶かし込んで作る口溶けの良いチョコレートです。トリュフのセンターなどに使われます。

■ わが国では、これをさらに加工し、これだけで食べられるようにしたチョコレートが、「生チョコレート」です

 

※引用 コトバンク(ガナッシュ)

だそうです。

 

要は、生クリームを加えて口どけを良くしたものですね。

 

そして、

 

生チョコレート=ガナッシュ

 

という事実を初めて知りました!

 

まあ、ガナッシュをそもそも知らなかったので、生チョコと同じというのを知らなくて当然なのですが…w

 

実食

前置きはこれぐらいにして、食べてみましょう!

 

外装は、こんな感じ。。。

カルディもへじ和とりゅふ

半額で購入したので「半額シール」が貼られていますね!

 

615円(税込)が307円(税込)で買えました!

 

フタを取ってみると。。。

カルディもへじ和とりゅふ

丁寧に包装されていますね。

 

どれがどの味なのか、というのは箱の裏面に断面図とともに書いてありました。

カルディもへじ和とりゅふ

  • きなこ
  • 甘酒
  • 醤油
  • わさび
  • シークヮーサー
  • ゆず

の6種類です。

 

かなり攻めたラインナップですね!

 

そして、カロリーが6個で454kcalというのもわかりますね。

カルディもへじ和とりゅふ

 

実は、チョコを取るとその下に味を書いていてくれています。細やかな心遣いですね。

カルディもへじ和とりゅふ

味の感想ですが、

きなこ

ホワイトチョコにほのかにきな粉を感じます。

 

甘酒

ホワイトチョコにかすかに甘酒を感じますが甘味は少なめです。

 

醤油

焦げた感じの香ばしい味と香りがして思ってた以上に好きな味でした。

 

わさび

ワサビ感は少なめでした。

 

シークヮーサー

酸味はなく、ブランデーのような感じを受けました。

 

ゆず

ゆずの味がほんのりして、チョコとうまくマッチしていました。

 

 

個人的なオススメは、

  • 第1位 きなこ
  • 第2位 甘酒
  • 第3位 醤油

です!

 

全体的に、チョコを邪魔しない程度の、ほのかにそれぞれの味を感じるように作られていました。

 

良く言えば「上品に仕上げた」と言えますし、悪く言えば「パンチに欠ける」と言えると思います。

 

気になった方は、一度食べてみてはいかがでしょうか?

※販売終了だったらすいません。

 

スポンサーリンク

以上です。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。