【くら寿司】シャリコーラ

2020年9月9日

kuraシャリコーラ紹介画像

あなたは、くら寿司の「シャリコーラ」というドリンクをご存知でしょうか?

 

2016年7月29日に発売され、発売後たった2週間で10万本以上を売上げ、8月12日に品切れで一時販売休止となるほどの人気となった商品です。

 

今回はそんな「シャリコーラ」を飲んでみました。

 

今回紹介する商品

今回は、

  • シャリコーラ

を紹介していきます。

 

「くら寿司」については別ページで紹介していて、それがこちら。

私が過去に紹介した商品の評価も全てここに載せています。

 

「くら寿司」以外のお店の商品もチェックしたい場合は、トップページからお願いします。

それがこちら

 

シャリコーラ

kuraシャリコーラ紹介画像

  • 発売日:2016年7月29日
  • 価格:180円(税抜)
  • 内容量:150ml
  • カロリー:131kcal
  • 品名:炭酸飲料
  • 原材料名
    • 果糖ぶどう糖液糖
    • 米麹
    • 米酢
    • 香料
    • 炭酸ガス
    • pH調整剤

 

「シャリ」と商品名にあるので、米もあるし、米麹や米酢もありますね。

 

量は栄養ドリンクより少し多いぐらい

kuraシャリコーラ内容量

炭酸飲料って、夏の汗かいた後にゴクゴク飲むイメージがあるので、150mlと聞くと少ない感じがしますね。

 

容量・価格・1本当たりのカロリーで比較してみると、

  • シャリコーラ 150ml 180円(税抜) 131kcal
  • オロナミンC  120ml 110円(税込) 79kcal
  • リポビタンD  100ml 146円(税抜) 74kcal(ライトなら58kcal)

 

栄養ドリンクより少し量が多いぐらいです。

スポンサーリンク

 

エナジードリンクと比較した場合、

  • レッドブル 185ml
  • モンスターエナジー 355ml
  • コカ・コーラ エナジー 250ml

など多種多様ですが、基本的にどのエナジードリンクよりも量は少ないといえます。

 

引用元:くら寿司HP大塚製薬HP大正製薬HP

 

カロリーは栄養ドリンク並み

kuraシャリコーラカロリー表示

カロリーは、どの栄養ドリンクも100mlあたりにすると70~80kcalぐらいです。

  • シャリコーラ 150ml 131kcal
  • オロナミンC  120ml 79kcal
  • リポビタンD  100ml 74kcal(ライトなら58kcal)

エナジードリンクの100mlあたりのカロリーと比較すると、

  • レッドブル 45kcal
  • モンスターエナジー 50kcal

なので、シャリコーラの方がカロリー高めとなっています。

参照:eatsmart(レッドブルモンスターエナジー

 

※栄養ドリンク・エナジードリンクとも、低カロリーやゼロカロリー商品もあります。

 

詳しく調査

「シャリコーラ」について、さらに「こだわり」や「製法」などを詳しく調べていきたいと思います。

 

くら寿司のこだわり5つ

  1. 米は全て国産米
  2. 水は「軟水」を使用
  3. 製法は「四段仕込み」
  4. 必須アミノ酸 全9種入り
  5. ノンアルコールで誰でも飲みやすい

 

「四段仕込み」製法

3番の「四段仕込み」製法というのがどういう製法なのか不明だったので調べてみました。

 

甘酒四段(あまざけよだん)
麹と蒸米と湯で仕込み、55℃程度で糖化して甘酒をつくり、これを親桶の醪に添加する方法。

参照元:Weblio辞書(甘酒四段)

 

シャリコーラは「米麹の甘酒」

5番のノンアルコールと原材料に酒粕が無いことから「米麹の甘酒」だとわかります。

 

甘酒には2種類あり、

  • 麹の甘酒
  • 酒粕の甘酒

があります。

 

米麹の甘酒の作り方

蒸した米に米麹を加え、一晩置くと出来上がる。

コウジカビの酵素(アミラーゼ)によりデンプンが糖化し甘みが出る。

 

本来、甘みはついているので、「酒粕の甘酒」と違い、甘味を追加する必要はないが、市販のものでは追加されているものもある。

 

「くら寿司のシャリコーラ」でも原材料に「果糖ぶどう糖液糖」とあることから甘味を追加しているのがわかる。

 

酒粕の甘酒の作り方

  • もろみをしぼると日本酒ができ、そのしぼりかすが酒粕
  • その酒粕をお湯で溶かし
  • 砂糖を入れれば完成

 

酒粕にはアルコール分が約8%程度残存しているそうで、甘酒になった時点でも1%未満ではあるが、アルコール分が残る。

 

販売する上ではアルコール分1%未満ならソフトドリンクとして販売できるため、米麹と分類は同じになるが、お酒に弱い人や幼児や妊婦だと影響が出ることがある。

 

「酒粕から作る甘酒」では、車を運転するお客さんや幼児や妊婦に提供できないし、万一、シャリコーラを飲んで飲酒運転で事故でもしたら大問題になるので、「酒粕の甘酒」の選択肢はなかったのではないかと思います。

 

「飲む点滴」

シャリコーラも該当する「米麹の甘酒」は、「飲む点滴」とも呼ばれています。

 

くら寿司も「必須アミノ酸 全9種入り」と書いているように麹菌の発酵により様々なビタミン類を作り出し、栄養満点なのです。

 

一方、「酒粕の甘酒」はと言うと、「美容に良い」とされています。

 

注文

注文すると、赤いお皿に乗ってやってきます。

kuraシャリコーラ全体像

150mlのビンなので、大きくはないです。

 

飲んでみた感想は、

  • 炭酸飲料としては炭酸が弱めで「微炭酸」という感じ
  • 味は「甘酒」
  • 「スパークリング甘酒」と言える
  • 「これが寿司とあうのか」は別にして、飲み物としては美味しいと思った

 

評価

  • 美味しさ:★★★☆☆(3.3)
  • コスパ :★★★☆☆(3.0)

 

一言でいうと、「微炭酸の甘酒」でした。

 

  • 老若男女にとって飲みやすくするには、炭酸は弱めがいい
  • ノンアルコールなので、子どもやお年寄りでも安心して飲める
  • 米麹の甘酒なので栄養も満点

なので、誰でも手に取れそうです。

 

コスパについては、180円(税抜)は高いかなと感じたので少し下げて3.0としました。

 

通販もある

今回紹介した「シャリコーラ」ですが、通販も12本セットであります。

以下の方法で購入できます。

  • くら寿司HPから注文
  • 楽天市場から注文

 

くら寿司から注文は、

https://www.610kura.com/SHOP/I56.html

から出来ます。

 

以上です。

ここまで読んで下さり、ありがとうございました。